スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SACTL 2次予選

今日は18時からSACTL 2次予選。
NabDは第2グループで、「卍卍天界卍卍」、「Timing-Gaming」、そして前回のpeko杯(個人主催大会)で勝つことのできなかったクラン「#Avenger」が同じグループ。


sactl2011_2jiyosen.jpg

プレイヤーから身を引いた者として、第三者という視点から仲間を応援するのはなんだかちょっぴり複雑。
でもみんなには本当に精一杯やってもらいたい。
結果は大事だがすべてではない。
せめて悔いの残らないよう、正々堂々戦ってきてほしい。

NabDはこれまでに、練習試合や個人主催の大会で負けようが、
公式大会では必ず結果を残してきました。
前回SAOMT Summerでは負けてしまったが、今回はそうはさせないはず。


自分の代わりとしてzino君が入ってから初の公式大会です。
僕含めてNabDのメンバーにとって、より力の入る大会になると思います。
彼らは必ずやってくれるはずなので、応援よろしくお願いします。
直接プレイを見る事はできないが、僕もTSで応援します。
スポンサーサイト

eスポーツ専用施設『e-sports SQUARE』が千葉県市川市にオープン

http://e-sports-square.com/

・e-sports SQUAREとは
「e-sportsで世界を目指そう」を合言葉に、日本で初めて設立された、e-sportsプレーヤーのための専用施設です。


昨日お披露目会で、本日オープンだそうです。
店内にはPCがずらりと並んでおり、現在はFIFA12とStarcraft2、それと鉄拳6が導入されています。


○各PCのスペックや設備
- PC -
Prime Galleria HX(プライム ガレリア HX)
CPU ・・インテル Core i7-2600 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大3.80GHz/L3キャッシュ8MB)
グラフィック ・・NVIDIA GeForce GTX560 1GB
メモリ ・・8GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/4GBx2/デュアルチャネル)
ハードディスク ・・【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
マザーボード ・・インテル H67 Express チップセット ATXマザーボード (不具合対策済み B3 Stepping チップセット)
OS ・・【64bit】Windows7 Home Premium のインストール

- モニター -
MITSUBISHI MDT231WG
MITSUBISHI RDT233WX(BK)

デバイス -
[通常版]
Razer Deathaddeer(マウス)
Razer Goliathus(マウスマット)
Razer Carcharias(ヘッドセット)
Razer Blackwidow Ultimate(キーボード)

[スタークラフトⅡ専用版]
Razer Spectre(マウス)
Razer Marauder(キーボード)
Razer Banshee(ヘッドセット)

営業時間
日~木: 10:00~24:00
金・土: 10:00~翌6:00
料金

OPEN記念の特別料金と致しまして、11/15(火)~12/31(土)までの1カ月間、
250円/1Hでご利用頂けます。
通常価格
1H 350円
2H 700円
3Hパック 900円
6Hパック 1,700円
9Hパック 2,400円
12Hパック 3,000円

現状FPSはプレイできないみたいですが、今後導入する予定があるみたいです。
席と席の間が少し狭く見えるのがちょっと気になりますね。
金・土は朝6時まで営業なのでオフ会やイベントで使われることになるのかな。
機会があったら行ってみようと思います。

negitaku.org - 日本初のeスポーツ専用施設『e-sports SQUARE』が千葉県市川市にオープン

GeForce GTX 560 Ti

マスタードシード株式会社様より、GeForce GTX 560Tiをご提供していただきましたので早速動かしてみました。


■PCスペック
CPU Intel Core i7 860 @ 2.80Ghz
メモリ PC6400 2GB x 2
マザーボード MSI P55-SD50
サウンドカード Auzen X-Fi Prelude 7.


■GeForce GTX 560Tiの主なスペック
接続PCI Express 2.0(x16)
GPUNVIDIA GeForce GTX 560 Ti
メモリGDDR5 1024MB
出力DVI-I×2、mini HDMI
ボード長210mm

GIADA GTX560Ti
4997401142964_02l.jpg

今まではGeForce 9800 GTX+を使用してたので、3Dmark06を走らせてスコアを比較してみました。


・GeForce 9800 GTX+
http://3dmark.com/3dm06/15961342;jsessionid=1n98oyq0s76ij?show_ads=true&page=%2F3dm06%2F15961342%3Fkey%3DW9Hy89EfPLBhpwdNBmKHEAnZTCvKf9
3Dmark06-9800+GTX_.jpg


・GeForce GTX 560Ti
http://3dmark.com/3dm06/15961401;jsessionid=9r9k58lnbirl?show_ads=true&page=%2F3dm06%2F15961401%3Fkey%3D3SQ64vDxXZBcW9zLavHnQ0qVXtSK7m
3Dmark06-560Ti.jpg


数値的には約3000 3DMarksアップ。
ベンチマーク中はずっと様子を見てましたけど、若干スムーズかな?程度でしたが
スコアにしてみると結構違うもんなんですね。

ベンチマーク以外だとGTA4、CoD:BO、BF3などで検証してみました。
(画像はないです。すみません><)

グラフィックの設定をフル設定にしてもプレイに支障がないほどサクサク動きます。
綺麗なテクスチャでプレイした方が臨場感もあって楽しいっちゃ楽しいのですが、
普段はLow設定でプレイすることが多いです。
僕がFPSをプレイするにあたって重要視してるのは、テクスチャの綺麗さよりも
「FPS (Frame Per Second)値をどれだけ稼げるか」だからです。

FPS値が低ければ低いほどAIMINGしづらくなるし、その分描写が遅れるので反応も鈍くなります。
逆に高ければ高いほどヌルヌルサクサク描写してくれますので
AIMINGもスムーズになり、敵の動きもハッキリ見えるようになります。
練習するうえでもFPS値は高い状態で行ったほうが上達しやすいですからね。

安定したFPSを獲得するにはCPUも重要ですが、
グラフィックの綺麗なゲームをプレイする際には
ビデオカードもある程度良い物を積んでおいたほうが快適にプレイできるので
買い換えを検討してる方に少しでも参考になれば幸いです。
プロフィール

KeNNy

Author:KeNNy

Alliance of Valiant Arms


・当blogについて
・Wikipedia
・negitaku profile
・AVA Config
・SA Config

ニコ生にて臨時配信中
ニコ生コミュ
KeNNyちゃんねる

Mouse: ZOWIE EC1-A

Pad: ZOWIE G-SR

Keyboard: 東プレ Realforce101

Headset: Sennheiser PC160SK

Display: BenQ XL2410T


◆Contact
@fpskenny



最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコ生コミュニティ
Twitter
リンク
スポンサーバナー
ブログ内検索
カテゴリー
動画




RSSフィード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。